全日本シール印刷協同組合連合会 サイトマップ 広告について お問合せ トップページ
トップページ ≫ お知らせ一覧 ≫ 2014.10.28 お知らせ

第24回シールラベルコンテストの結果発表

2014.10.28

経済産業大臣賞は精英堂印刷(東北協組)が4年ぶり5度目の受賞

当連合会は10月24日(金)宮城県南三陸町のホテル観洋にて開催された第56回年次大会(東北福興大会)で「第24回シールラベルコンテスト」の表彰式を開き経済産業大臣賞の精英堂印刷鰍始め、入賞作品に表彰状を授与した。また、年次大会の会場では、応募全作品の展示披露も行われた。ここでは同コンテストの選考結果を報告するとともに、入賞作品を紹介した。

経済産業大臣賞No301
経済産業大臣賞 精英堂印刷
経産省局長賞No407
経産省局長賞
潟Vモクニ
経産省局長賞No210
経産省局長賞
サトープリンティング
同コンテストは5月21日から7月22日を応募期間として開催され、全国の組合員・会友から、59社122作品(昨年54社100作品)の応募があった。このうち応募に際して特別な制限がなく技術・デザイン両面を評価する自由課題には61作品(昨年46作品)、連合会の技術・特許委員会が用意した版下データを用いてレタープレスの技術を競う規定課題の平圧部門は24作品(昨年28作品)、同輪転部門への応募数は37作品(昨年26作品)だった。

同コンテストの第1次審査は8月1日(金)東京・東上野の全日本シール印刷協同組合連合会の3F会議室において各協組1名の技術・特許委員10名全員が参加して行われた。同審査会では、最初に山下委員長から審査基準の説明があって、「基本技術点」「応用力」を審査・採点して上位39作品を選んだ。

第2次審査は、8月7日(木)東京・上野精養軒において、経済産業省2名、一般社団法人日本印刷産業連合会2名、全日本シール協賛3名、計7名を審査員として招き開催された。審査員は、第1次審査会で得点上位の自由課題35作品・参考として規定課題それぞれ最上位作品2作品が参考出品されて、印刷技術やデザイン等を評価して最も優秀と思われる作品を1つ(5点)、優秀と思われる作品を3つ(各2点)選出した。その後、第1次審査の得点に第2次審査の得点を加算して第1位が経済産業大臣賞、第2・3位が経済産業省商務情報政策局長賞、第4位と規定課題第1位が一般社団法人日本印刷産業連合会会長賞、第5位と規定課題第2位が全日本シール印刷協賛会会長賞に決定した。この結果、経済産業大臣賞は精英堂印刷梶i東北協組)の作品となり、同社は4年ぶり5度目の受賞となった。

第24回シールラベルコンテスト結果 詳細はこちら







お知らせ一覧



 
永井印刷株式会社
山王テクノアーツ株式会社
大阪シーリング印刷株式会社
株式会社フナミズ刃型製版
ツジカワ株式会社
株式会社スミタ
株式会社ミヤコシ
ラベル新聞社
技術優良工場 株式会社マツザキ